結婚に対する考え方

親を見れば結婚は、憧れます

結婚とは、好きな人同士がどちらかの戸籍に入る事。婚姻届けと言われる紙切れ一枚で夫婦になれるんです。
年齢や友達の結婚また芸能人の結婚報告を耳にすると早くしたいという感情が男女共生まれるんです。友達のままだと会える日数も限られます。
結婚して一番のメリットは、夫婦になると仕事以外一緒に過ごせる事が出来る所です。一人で食べてたご飯が美味しく食べれます。
別々の時間を過ごしてた時より夫婦になれる事で思いやりを持ちながら共同生活が出来るんです。
協力しながら生活するので何かあった時でも助け合って生きる事が出来るんです。

結婚すると、考えるのが夫の収入と妻の収入が
どれだけあるのかを知る事です。経済力を知る事が出来ます。
病気になった時どちらかが支え合って生きていかなければならない、これこそ本当の愛情だと思います。
結婚をしてなければ思いやりや絆は、感じれないです。我慢も必要になってきますが悪い所ばかりじゃないです。

親戚の付き合いも出来るようになるんです。また
義理の親との関係を育む事も出来ます。
結婚したらこどもが出来ると思いがちです。でも中には、理由があって授かれない人だっています。分かってくれる義理の両親や親なら納得です。
義理の親から理由を聞けば「なるほど」と思う事、義理の親だから遠慮しながらもアドバイスしてくれるんだと思います。
私は、母が居ない家庭で育ったのでお母さんと呼べる日が来る事に憧れていたんです。
生みの親でなくても義理のお母さんを大事に出来ます
色んな感情を持ちながらどんな困難も二人だから生きていけるんだって思います。