結婚に対する考え方

結婚に対する考え方

結婚

結婚して1年が経ちました。この1年間、結婚式も挙げましたし、そりゃあ喧嘩もしましたし、新婚旅行は貯金中で未だ行けず仕舞いと、振り返れば色々ありました。
同時に、我が生活にも相当な変化が訪れたな、と実感するところです。


「オタク生活」と「結婚」の相関について、実体験による金額を明記した上で赤裸々にその生活の変化を記してみたいと思います。
つまりは、結婚して生活が具体的にどう変化したか。どこかの皆さんの参考に少しでもなればいいなと思います。


ちょっと心が汚い話かもしれませんが、「自尊心が高まる」。
ぶっちゃけ、これは本当です。
オタクという生き物は少なからず社会的弱者という自意識を持っていて、例えば人前でオタク趣味を公言するのが少し恥ずかしかったりするのは往々にしてあると思います。
職場や学校で本当の趣味を隠している人も多いでしょう。
現代においてもオタク差別はある程度存在しますし、その社会的地位の向上は少し望んでいる事かもしれません。
結婚して1人の相手と互いに認め合ったという事実は、
健康的に自尊心を高めてくれます。
そしてこれが意外と予想していなかった事なのですが、
「楽しめる作品が増える」というのも挙げられます。
最近で言うと映画「ゴーン・ガール」であったり、今期ドラマでいうと「〇〇妻」や「デート~恋とはどんなものかしら~」など、
結婚や結婚生活をテーマにした作品に対する理解が妙に進むんですね。

未婚の人の理解が浅いとかそんな事を言いたいのではなく、結婚生活における夫婦の距離感や、それによる周囲の変化など、
肌で感じた事が増えれば増えるほどグッとその物語に没頭できるんです。要は、運動部経験者がスポーツ漫画を楽しむのと同じ理屈です。

これもまた子供が出来たりしたら、もっと対象作品が増えていく事でしょう。
結婚をすることへのメリットをお教えします


最近、若者たちの間では結婚をしたくないと思っている割合が多くなっていますね。
理由としては自分の時間が無くなってしまうから、自分の収入に自信がないから、友達の方を優先したいからなど理由は様々ですが、
そういった考え方の若者が増えていることが事実で、その結果晩婚化や中年になっても独り身をになってしまうのです。
ではそんな考えを持っている若者たちに結婚をするメリットをいくつか紹介していきたいと思います。

まず1つ目に
自分の家族を作ることができるということです。まず自分の家族といっても皆さんには両親やあるいは兄弟がいますよね。
その血縁関係以外の人と家庭を築くということです。
結婚する相手とは血縁関係がないが同じ屋根の下で一緒に住み、生計を立てるということはそう簡単ではなく難しいことも多々ありますが、
そのことで責任感がお互いに増して、さらに運よく子供に恵まれたときには自分の家族をさらに作れることに繋がります。
大変だからこそ、嬉しいときはその倍喜びを感じられるものがあるということです。

2つ目に
声をかける人がいるということです。
特に一人暮らしの人は帰っても家に誰もいないから寂しいと思うことありませんか。
結婚をすると、おはよう、おやすみなど挨拶する相手ができ、小さな喜びを感じることも多いはずです。

3つ目に
老後の心配が減るということです。やはり独り身であると心配になってくるのが老後の生活。
自分の親も年を取っていきますし、自分も年老い病気になってしまったらどうしようかと不安になる人も多いはずです。
相手に依存することはよくないことですが、頼れる相手がいるということは精神的安定につながると思います。

最後に4つ目として
自分の遺伝子を持った子供がみられるかもしれないということです。
人生の中で一度は自分の子供はどんな感じなんだろうかと想像した人はいませんか。
やはり自分に似た子供を産み、責任を持って成人になるまで育てるということは結婚をして安定した生活を送っていないとできないことです。
結婚することでメリットはたくさんあるため、今の若者は結婚するということから逃げないでほしいと思います。

 
結婚10周年


私と嫁は今から12,13年前、お見合いパーティーで知り合い2年ぐらい付き合った後結婚しました。
周りの友人はほとんど9割方は結婚していて自分も焦っていました。
でもどう女性とデートしたらいいのかわからず、またデートしても長続きしないという状況で友人の結婚式に出席する度に羨ましく思っていました。
しかし今の嫁はデートでもほとんど気を使うことなく付き合えたので結婚まで至ったのだと思います。

結婚するメリットって結局、
世間体が一番かなあって思います。
今私は40代半ばですが、同年代で独身の方を見ると「何かあるのかなあ。」って勘ぐったり「変わっている人なのかなあ。」ってそんな目線で見たりしてしまいます。
また初めて知り合う人にも「既婚者です。」って告げると妙に相手に安心感を与えたりすることができる感覚があります。
関係のない女性にも既婚者であることを告げると、話し易く感じるようです。
そして私は男性ですが、昔ながらの封建主義かもしれませんがやはり一家の主的な気分にもなります。
そして嫁は身近な存在であるので悩みも打ちやけやすいです。ただ嫁も忙しい時が多いので真剣に聞いてくれている時もあれば、そうでない時もありますが。

結婚するとお互い会話がなくてもその沈黙も耐えれるし、気を使うこともほとんどありません。
正直その部分は相手によって違う部分もあるかとは思いますが、今の嫁さんには気を使う必要がほとんどないので気が楽です。
でもやはり
色々な面で世間体を気にしなくて済むのが気持ちを楽にしてもらえ、一番のメリットです。


結婚相談所 東京

医者 結婚

女医 結婚

東京で結婚のご相談なら